子犬のシャンプーはいつから大丈夫?時期やお風呂のコツを解説

2020年9月3日

koinusyannpuistukara子犬を家族にお迎えして健康で長生きしてもらう為にもシャンプーによるお手入れはかかせませんよね。

そこで今回は自宅での子犬のシャンプーのやり方を解説していきます。

【子犬のシャンプーはいつから?】健康を維持する為にお風呂は大切

犬も人間と同じである程度、清潔を保たないと健康に害がでます。

不潔だと犬にどのような症状があるのか、またそれを人間で例えるならならこういうことであるということを説明します。

・余分な皮脂や、古い角質が残っていることが原因でかゆくなる
→お風呂に入らないと頭や体が痒いですよね。

・皮膚疾患の原因になる
→ニキビや吹き出物、あせも、かぶれなどが出ますよね。

・アレルギー体質の場合、アレルゲンが皮膚や被毛に残り続ける
→アレルギーの物がずっと残っていれば痒みやくしゃみなどの不調に繋がりますよね。

・ノミ・ダニの温床になる
→あまり不潔ですと、頭にシラミなどがつきますよね。

・体臭がひどくなる
→同じく、不潔だと臭いますよね。

こんな感じで人間で比較するとわかりやすいかと思いますが、こんな人は嫌ですし、自分がこんな状況になるのはもっと嫌ですよね。

犬も同じなのです。

なので定期的にシャンプーをすることで上記が予防でき、犬も人も快適に過ごしやすくなるので、犬にとってもシャンプーはとても重要なことがわかりますね。

【シャンプーはいつから始めるか?】

それでは具体的にシャンプーについてのお話です。

まず、子犬の場合いつからシャンプーしていいのか考えますよね。

子犬は免疫も弱く体調を崩しやすいのでまずは新しい家の環境に慣れさせ、体調が安定するまで待ちましょう。

ひとつの目安としては、生後2カ月ころに受けるワクチン接種日から、大体1~2週間後くらいです。

ワクチンはウィルスを体内に入れるので少なからず体に負担がかかります。

なので、体調がよくなるまで待ってあげてください。

まずはお風呂が怖くないことを覚えさせる

体調も万全で早速お風呂に入れたいかと思いますがちょっと待ってください。

子犬にとってはお風呂場は未開の地でお風呂に入ることは未知の領域なのです。

人間も知らない場所でいきなり何かされたら不安ですし怖いですよね。

なので、まずはお風呂に入れる前にお風呂場やシャワーの環境に慣らすことから始めましょう。

面倒かもしれませんが、このひと手間で今後大きくなってもお風呂に入れる時に苦戦しないですむので、

犬にとっても人間にとってもストレスなくできますので省略しないでください。

シャンプーに苦手意識を持ってしまうと、シャンプーどころかお風呂場に近づくことさえ嫌がる可能性もあります。

手順は以下の通りです。

ポイント

  1. まずはお風呂場で遊ばせて、お風呂場が安心できる場所だと認識させる
  2. シャワーの音を聞かせ、ご褒美としておやつをあげる
  3. 水をたっぷりと含ませたタオルで体を拭くようにして洗い、体が濡れる感覚に慣らす
  4. 顔から遠い後ろの足先やお尻から濡らしていき、シャワーで洗うことに慣らす

お風呂場で遊ばせることで、安全な場所であると認識してもらい、シャワーが出ると美味しい物が貰えると覚えさせましょう。

そうすることで、「お風呂場でシャワーが出ても怖いことはない」と理解します。

後は体が濡れる感覚を覚えさせて、顔から遠い順にシャワーをかけていき慣れさせます。

このように時間をかけて少しずつ段階的に進めていきましょう。

シャンプーの頻度ってどのくらい?

シャンプーの回数は月に1回、多くても2回程度がいいと言われています。いつもきれいな状態を保ちたいからと、ひと月に何回もシャンプーをするのはよくありません。

過剰にシャンプーをすると、必要な皮脂までが奪われ、皮膚が乾燥しフケやかゆみが出やすくなります。

人間も余分な皮脂の洗い流しすぎはよくないと言われていますよね。

また、犬の表皮は人間の1/5程度の厚さしかなくとてもデリケートなので、皮膚のトラブルが生じる可能性もあります。

なので過度なシャンプーは控えてあげましょう。

どうしても気になる場合は短毛種で体臭が少ない犬種なら、濡らしたタオルでこまめに体を拭いてあげたりするだけでも、ある程度、清潔を保てます。

もしも、ウンチなどでお尻周りの汚れが気になる場合はぬるま湯で軽く洗い流すだけにするか、とても薄めたシャンプーを使った部分洗いにしましょう。

【子犬のシャンプーはいつから?】始める前に下準備しよう

koinusyannpuistukaraそれではお風呂場にも慣れたらいよいよ、シャンプーを始める準備をしていきましょう。

【シャンプーは犬用を用意する】

人間と犬とでは皮膚の性質が異なります。先程も述べたように犬の皮膚は人間よりも薄くデリケートです。

そのため、人間の肌質に合わせて作られた人間用のシャンプーを犬に使うと刺激が強すぎ、皮膚のトラブルの原因になります。

なので、必ず犬用のシャンプーを用意しましょう。

一口に犬用のシャンプーと言ってもはさまざまな種類がありますよね。

皮膚への刺激を極力抑えたい場合は、低刺激性のシャンプーを選ぶのがいいでしょう。

もしくは獣医師さんに相談してみてもいいかもしれませんね。

シャンプー前にはブラッシングを

シャンプー前には、事前にブラッシングを行いましょう。

毛のもつれや毛玉をほぐすことで、事前に汚れを落としておくとシャンプーがしやすくなります。

また、濡れた毛が固まってしまうのを防げるので、洗い残しも少なくなります。

手早く終わらせる為にもシャンプー一式を手元に用意する

シャンプー液やタオルなど、シャンプーに必要な用品は事前に手元へ準備しておきましょう。

お風呂に時間をかけすぎると子犬にとってストレスになってしまうので、手早く終わらせるように心がけましょう。

シャワーの適切な温度は?

シャワーの温度は35~37度ぐらいの、人間からすると「少しぬるい」と感じる温度です。必ず手で触って温度を確かめてから洗い始めるようにしてください。

犬は全身毛で覆われているため、人間のように迅速に体温を調節することができません。そのため、熱いシャワーをかけてしまうと体温が過度に上がり、犬の体力を奪ってしまう可能性あります。

また、水温が冷たすぎても風邪を引いてしまう原因となるため、シャワーの温度には細心の注意を払うようにしましょう。

不安な人は念のため動物病院が空いている時間にする

生後3ヶ月程度の子犬でよくあるのが、ストレスと体温低下で吐いてしまうことです。

特にシャンプー、ブローで時間がかかった場合に起こりやすいです。

先程も記載しましたが、ストレスをかけない為にもシャンプーは手早く終わらせるようにしてください。

もしも体調不良になってしまったら怖いという方は動物病院の開いている時間にすると何かあっても安心なのではないでしょうか。

具体的なお風呂の手順

koinusyannpuistukaraここまで入念に準備が出来たらいよいよお風呂に入れていきましょう。

詳しい手順を解説していきます。

まずは体を濡らす

まずはシャワーを使って子犬の体を濡らしていきます。

顔からかけるとビックリしてしまうので、シャワーに慣れさせるのと同じように

お尻→背中→首→顔の順に濡らしていきます。

このとき、シャワーヘッドを犬の体に密着させると、シャワーの音や水圧が軽減されるので少しは驚きにくくなります。。

顔を濡らす時はは水を含ませたスポンジなどで濡らし、お湯が目や耳に入らないように注意しましょう。

シャンプー液をつけ、洗っていく

体を濡らしたらシャンプー液をスポンジやネットを使い泡立て、爪を立てずに指の腹を使い優しくマッサージするように洗っていきます。

シャンプー液を体につける順番やポイントは、体を濡らすときと同様です。

顔は、泡が目や耳に入らないように注意し、指先を使って丁寧に洗いましょう。

犬が負担に感じる時間をできるだけ短くすることが、上手にシャンプーするポイントです。

また、シャンプーの際は、愛犬の耳や目ににシャンプー液がに入らないように十分に注意しましょう。

シャンプーをしっかり洗い流す

洗い流す際は顔から首、背中、お尻と上から順に流していきます。シャンプー液が残ってしまうと、皮膚のトラブルが起きる原因になるため、すすぎは念入りに行うようにしてください。

シャンプーを洗い流す際、体を濡らす・シャンプー液をつける順番とは反対の手順で進めていきます。

最初は、顔まわりから。シャンプー液をつける際と同様にして、敏感な顔まわりはやさしく洗い流しましょう。スポンジにお湯を含ませて洗い流してもOKです。シャワーを使う場合、シャワーヘッドは犬の体に密着させて使います。離して使うと、シャワーの音が大きくなったり、お湯が飛び散ったりして犬が驚いてしまいます。

洗い流す際には、シャンプーのぬるぬる感が残らなくなるまでしっかりと行いましょう。シャンプー液が被毛や皮膚に残ると、かゆみや炎症を起こす一因になります。

わきの下・お腹・股・足の裏(肉球の間など)は、洗い残しが起こりがちな箇所ですので、念入りに。

また、シャンプー剤が体に残ってしまうと、刺激によってトラブルが生じてしまう可能性もあるため、すすぎに関しては特に念入りに行ってください。

手を使いながら、時間をかけてシャンプー剤をしっかりと洗い流すことがポイントです。

毛を絞って水気をよく切る

ドライヤーをかける際に、乾かし残しなく短時間で行うためには、シャンプーを洗い流したあとに体の水気をしっかり切っておくことが大切です。

水気は、体の上から下へ向かって、水気をよく切っていきます。長毛種の場合は、手で被毛を押さえるようにするとよいでしょう。その際には、力を入れすぎないように。

背中からお腹は撫でるように、耳・手足・尻尾は上から下へ向かって握りしぼる感じです。

水気を切ったあとは、子犬自身に身震いさせます。もし身震いしない場合は、子犬の耳に息を吹きかけると体をブルブルとさせるので、水気も飛びます。

シャンプー後はタオルとドライヤーで手早く乾かす

洗い流したらタオルで水気を拭き取り、ドライヤーを使い乾かしていきます。

ドライヤーの熱を直接当ててしまうと皮膚を傷めてしまうので、風の温度もできればぬるめに調節し、ドライヤーは犬の体から30cm程度離し、風が直接当たらないように手に風を当てながら乾かすといいです。

足先や肉球の間、耳などの乾きにくい部分も、しっかりと乾いているか入念にチェックして乾かし残しのないようにしてください。

子犬は抵抗力が弱く、乾かし残しが原因で体が冷えてしまい、風邪を引いてしまったり体に不調を起こしてしまう場合があります。

また、生乾きだと細菌などが繁殖しやすく、皮膚病にかかる可能性もあります。

毛の根元からしっかりと風を当て乾かしたら、最後に冷風を当てて、毛の分かれ方を見てください。

きれいに毛が散るようならOK。最後にコーム(クシ)で梳かしてあげて毛並みを整えながら、乾かし残しや毛が絡まっている部分がないか最終チェックをしましょう。

子犬を確実に乾かすためには、慣れていないと一人でタオルで拭いてドライヤーというのは難しいものです。

なので二人がかりで役割分担をして素早く乾かすのも有効です。

どうしてもお風呂が嫌な仔犬は?

koinusyannpuistukaraここまでシャンプーの下準備や手順をご紹介しましたが、どうしても子犬さんが嫌がってしまい上手くいかない時もありますよね。 そこで簡単ではありますが他の手段もご提案しようかと思います。

どうしてもシャワーが怖い場合は洗面器やバケツを利用

どうしてもシャワーを怖がってしまう場合は、お風呂場で洗面器や小さなバケツなどにぬるま湯をためてその中で洗ってあげると良いです。

薄めた子犬用シャンプーで優しく声をかけながらササッと洗って、しっかり流してあげましょう。

プロに任せるのもひとつの方法

ペットをはじめて飼う方など、もし子犬をシャンプーすることに不慣れで自身がないなら、最初はプロのトリマーなどにシャンプーをお願いするのも一つの手段です。

プードルみたいなもこもこは出来れば部分洗いだけで済ます

プードルのように毛がもこもこの犬の場合、シャンプーからブローまで手早く終わらせるのは難しいので自宅での全身洗いはあまり向いていません。

理由はもこもこな犬はブラッシングをしながら乾かさないと毛が絡まってしまい毛玉だらけになってしまいます。

そして、初めてペットサロンに連れて行くと毛玉は短くカットされてしまいます。

ブラッシングで取るには負担がかかりすぎてしまうのでほぼ不可能なのです。

なので、なるべく自宅では部分洗いだけに留めておいて全身が汚れてしまったり、どうしてもニオイが気になるという場合は、子犬でもシャンプーしてくれるサロンを探してお願いすることをオススメします。

子犬のシャンプーはいつから大丈夫なの?まとめ

子犬をお風呂に入れることの大切さがわかりましたね。

以下、まとめです。

ポイント

  • お風呂に入れるのはワクチンを打って2~3週間経った元気な時
  • お風呂場に慣らしておくのも大事
  • お風呂は手早く終わらせてストレスをあまりかけないようにする
  • 乾かし残しは体調不良に繋がるので細心の注意を払う

犬も人間と同じで不潔でいると健康を保つことが難しくなってしまいます。せっかく新しくお迎えした家族には長生きしてもらいたいものですよね。

是非、正しい知識を覚えて子犬との新しい生活を長く楽しい物にしましょう。

 

 

わんこマスターへの道|悩みをすべて解消・まとめ記事一覧

犬のしつけまとめ

犬のしつけ・育て方・飼い方

食べ物の知識まとめ

犬のおすすめドッグフード・食いつき・食べ物の知識

健康管理ノウハウまとめ

犬の健康管理・アレルギー対策など

涙やけ対策まとめ

犬の健康管理・アレルギー対策など

ホテル・ショップ・ランまとめ

ペットホテル・ペットショップ・ドッグラン

ドッグサロン情報まとめ

ドッグサロン

医療保険まとめ

犬・仔犬の医療保険

お別れ・埋葬まとめ

犬・仔犬の埋葬

追記:愛犬のこと、心から大切にしていますか?

愛犬は人間と同じです。

我が子のように可愛がってくれているでしょうか。

愛犬のために少し頑張ればできるようなことは飼い主としてやるべきだと思います。

生涯のパートナーとして幸せに過ごすため、様々な努力や準備をしておくようにしましょう。

特に、食を基盤とした健康面の管理は重要です。

 

モグワンドッグフード

多くの愛犬家が最終的にたどり着くドッグフード、それがモグワンです。

国内外問わず、様々なペットユーザーから圧倒的な支持を得ています。ただし、すべての犬に適しているわけではありません。

結局、試してみなければわからないんですよね。

そこで、モグワンが実際にどんなドッグフードなのかについて、2年間継続している我が家の事例をご紹介します。

2年間継続:実際の使用感

モグワンドッグフードは、開け閉めにチャックを採用しているので保管性がとても良いです。サーモンをたくさん使っているドッグフードですが魚の臭いはほぼなく、袋を開けるとジャーキーのようないい香りが漂ってきます。

形状は、真ん中に穴が空いたドーナッツ型の小粒です。手で触っても油こさはなく、ベトベトすることもありません。粒の大きさは約1cm程度なので、小型犬でも全く問題なく食べられます。形状がドーナッツ型で厚みも薄いので、口筋力の弱い犬でも安全に試せると思います。

私の場合、ウェットフードやヨーグルト、果物やお肉などをトッピングしつつ、栄養過多にならないようモグワンの量を調整するのがルーチンです。(若干、モグワン代が抑えられるのも狙いです)

こんな感じで今でこそ凄まじい食いつきですが、フードを切り替えた直後はモグワンを残すこともありました。「あれ、合わないのかな・・・」と不安になったこともありますが、時間が解決してくれました。慣れてしまえば問題ないということです。

すでに、2年ほどモグワンを使用していますがピグとプチ(愛犬2匹)は、よほど体調が悪い時以外モグワンを食べ残すことはありません。口からボロボロこぼすこともないですし、皿が光るほど綺麗にたいらげてくれます。

家ではそれなりに長くモグワンを利用していますが、便の状態も良好で軟便や下痢はほぼなく、嘔吐することもありません。

また、愛犬はピグとプチという可愛らしい名前ですが今年で10歳を迎えるシニア犬です。ですが、健康状態は良好で動きが軽快なので周りからは「シニア犬には見えない」とよく言われ成犬に間違えられたりします。

これがモグワンのお陰かどうかまではわかりませんが、健康の基盤となる重要な役割を果たしていることは間違いないでしょう。

試してみる価値はありますよ。

 

※世間の口コミが気になる人は下記へどうぞ

>>モグワンドッグフードの口コミ41個【マジで生の声を拾ってみた 】

 

モグキューブ・フリーズドライ

モグキューブは、ニュージーランド産のグラスフェッドラムをたっぷり74.6%使用したフリーズドライのドッグフードです。

栄養を凝縮するフリーズドライ製法なので、素材に熱を加えず、一度凍らせてから真空で乾燥する製法を採用しています。高温調理を行わないため、風味や栄養が損なわれず、美味しさと栄養バランスを保ちます。

実は今、我が家でも試しているところです。

10か月継続中の使用感

モグキューブは、モグワンと同じ会社であるレシティアンが2019年9月に発売した商品です。もともと、モグワンで十分ではあったものの、フリーズドライ製法で栄養価がさらに高いと聞き試し買いをしてみました。

通常のドライフードやウェットフードは、素材を高温調理したのちドッグフードに加工されています。一方フリーズドライは、冷凍した素材を真空状態で乾燥させる製法で、熱を加えずに作られています。

ドッグフードに使われる素材には、高温調理することで栄養や風味が損なわれるものがあるため、フリーズドライ製法を用いることで、素材の栄養価や風味を生かしつつ、長期保存が可能なドッグフードになります。

主食としてそのまま与えるのはもちろんOKです。ただ、我が家ではすでにモグワンがあるので、水でふやかしてトッピングやおやつとしてモグキューブを使用することが多いです。

そして、肝心の効果はどんな感じかと言えば、「わからない!」です(笑)

これって私もそうなのですが、例えば肝臓のために5年以上飲み続けているEPAサプリがあります。そこで、「効果あった?」と聞かれても「たぶん!」としか言いようがないんですよね。

明確に断言することは不可能なので、そこは信じるしかない。愛犬に思いを伝えるため、飼い主として最大限やれることはやろうという気概で与えているような感じです。

ただ、すこぶる健康かつ元気に飛び回っている愛犬を見るとなぜか「モグキューブも与えていてよかった」と繋がるんです。

結局のところ、自己満なのかどうかはわかりません。それでも、私は継続してもモグワンとモグキューブを併用し、ピグとプチの健康管理をしていきます。

この思いは、きっと愛犬たちに伝わっているはず!

そう信じています。

 

カナガン デンタルドッグフード

残念ながら「モグワンシリーズが合わない」という声も少なからずあります。まさに、私の友人がそうでした。

そこで、モグワンからカナガンデンタルドッグフードに切り替えたところ、友人の愛犬とは相性が良かったらしく、今ではカナガン一択で愛用しているようです。(私は使ったことがありません)

こうした事例もあるため、万が一に備えカナガンにも触れておきます。

 

カナガンの特徴は、穀物を一切使用しないグレインフリーであることです。小麦やトウモロコシなどの穀物は犬の栄養にはなりにくいため、カナガンは穀物を一切使用せず、代わりに栄養価の高い肉や野菜などを積極的に採り入れています。その結果、エネルギー効率(吸収率)がとても高いので、活発な愛犬にはおすすめです。

最も配合率の高いものは海藻であり、野菜についても消化率が非常に高いサツマイモを中心に犬の体調を整え、健康維持の助けになる食材が選ばれています。

さらに、ミネラルや健康維持に効果を発揮するハーブ、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。言ってしまえば、「犬の健康にコミットしたドッグフード」という感じですね。

犬が食べやすい粒の大きさと固さ加減で、食いつきが良いのもこの商品の特徴です。小型犬であっても食べやすい大きさなので、丸飲みせずきちんと噛んで飲み込んでくれるサイズです。

と、ここまでは製品に対する事実だけを述べましたが「食べてくれなきゃ意味がない」

モグワン・カナガン両方に言えることですが、どちらの相性が良いか試してみなければわかりません。我が家のように一発でモグワンにハマるケースもあれば、友人のように一度失敗してカナガンにたどり着くパターンもあります。

もっと言うと、カナガンには「デンタルドッグフード」「チキンウェットタイプ」「ドライフードタイプ」などがあり、その内の一つが好まれるケースもあるわけです。そのため、「絶対にこれがおすすめだ!」とは言い切れないのが難しいところです。

いずれにしても、試してみなければ答えはわかりません。

愛犬のため、飼い主が一肌脱ぐべきシーンです。

 

※世間の口コミが気になる人は下記へどうぞ

>>カナガンドッグフードの口コミ【ネット上にない口コミあり】

© 2020 犬の知恵袋:ドッグフード・しつけ・保険・サロン・ホテル・埋葬 Powered by AFFINGER5