【関東】ドッグランがあるバーベキュー場5選!持ち物や注意点も。

2020年9月4日

夏といえばバーベキュー!愛犬と一緒に楽しみましょう

【関東】ドッグランがあるバーベキュー場5選!持ち物や注意点も。

 

夏の定番イベント、バーベキュー。

キャンプ場で開放的な雰囲気を味わいながら、家族や友達とワイワイ食べたり飲んだり、とっても楽しいですよね!

 

キャンプ場は基本的に屋外施設なので、「犬を連れて来てもいいのかな?」と考えたことのある愛犬家さんも少なくないのではないでしょうか?

 

実は、犬も同伴可のドッグラン付きバーベキュー場があるんです

今回は、ドッグランがあるバーベキュー場をご紹介していきます。

 

ライター:TAKANO

ペットショップで3年ほど犬・猫のお世話をしてきました。犬の飼育歴は20年以上あるので、経験を活かして情報発信していきます!

ドッグランがあるバーベキュー場5選!【関東】

【関東】ドッグランがあるバーベキュー場5選!持ち物や注意点も。

東京都新木場駅「イーノの森」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

み(@3cca1)がシェアした投稿 -

東京都江東区にある「イーノの森BBQステーション

Dog Gardenという大きなドッグランも併設されたバーベキュー場。

わんちゃんのサイズ別に3つのドッグランがあり、更に夏場は水遊びコーナーまで!

 

イベント開催時には「イヌリンピック」やわんちゃんの撮影会も行われています。

そしてこちらのバーベキュー場は、なんとノーリードが許可されているバーベキューエリアもあるんです!

 

バーベキュー機材が全てレンタルできる手ぶらBBQコースもあるので、わんちゃん連れでも気軽に行くことが出来ます。

わんちゃんも飼い主さんもゆったりと楽しめそうですね♡

 

URL https://yumeshimabbq.com/
住所 〒136-0081 東京都江東区夢の島3-2
アクセス 新木場ICより2分/新木場駅より徒歩15分
駐車場 有 (全480台)
定休日 火曜日

東京都八王子駅「わんダフルネイチャーヴィレッジ」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GRあかり・あかね・ゆきねんち(@fuyuhoshi)がシェアした投稿 -

東京都あきる野市にある「わんダフルネイチャーヴィレッジ

 

こちらは都内で最大級の広さを誇る6つのドッグランが併設。

雨でも遊べる屋根付きエリアや大人数の際に便利な貸切エリアまで。

 

かなりの広さのある2つのドッグプールまでついていて、わんちゃんも存分に楽しめること間違い無しです♪

手ぶらBBQはもちろん、豪華なオプション食材が盛りだくさんで、子供も大人もわんちゃんもたっぷりと楽しめる施設になっています。

 

URL https://www.wnv.tokyo/
住所 〒197-0832
東京都あきる野市上代継600 株式会社東京サマーランド
アクセス 八王子駅からバスで30分/秋川駅からバスで10分
駐車場 有 (別途駐車料金700円〜)
定休日 木曜日

埼玉県比企郡「フクロウの森」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

バレマロママ(@valen_mama.0214)がシェアした投稿 -

埼玉県比企郡嵐山町にある「フクロウの森

 

1日15組限定・機材や食料持ち込み不要のバーベキュー場なので、山や川の大自然の中でゆったりとBBQを堪能することができます。

BBQを楽しんだり、ドッグランで遊んだり、敷地内のカフェでのんびりしたりと1日中楽しめる施設になっています。

 

URL http://fukurou-no-mori.com/access/
住所 〒355-0225 埼玉県比企郡嵐山町大字鎌形2687−2
アクセス 武蔵嵐山駅より車で10分
駐車場 有 (別途駐車料金が必要)
定休日 月曜日・火曜日

埼玉県東毛呂駅「プライムランド毛呂山」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

バロン(@shizuu316)がシェアした投稿 -

埼玉県入間郡毛呂山町にある「プライムランド ドッグランもろやま

 

こちらは全面天然芝の4つのドッグランに加え、ドッグプールやトリミングサロン、ペットホテルまで併設されています。

トリミングの帰りにふらっと立ち寄ってバーベキューも良いですね!

手ぶらBBQが1980円〜と比較的リーズナブルなお値段で楽しめます。

 

URL http://www.silver-justice.com/page008.html
住所 埼玉県入間郡毛呂山町前久保325-2
アクセス 東武越生線武州長瀬駅より徒歩20分
駐車場 有 
定休日 無 (雨天時は要電話確認)

山梨県山中湖「小田急山中湖フォレストコテージ」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ふぁぎ(@eim.08may)がシェアした投稿 -

山中湖にある「小田急山中湖フォレストステージ

都心から約1時間半でいける山中湖は、夏の避暑地にもぴったりです。

 

こちらの施設は日帰りバーベキューはもちろん、愛犬と一緒に泊まれるコテージまであるんです

更にコテージにはBBQができる庭やプライベートドッグランまで!

非日常的な大自然の中で、飼い主さんもわんちゃんもリフレッシュできそうですね♪

 

URL http://www.odakyu-forest.com/
住所 〒197-0832
東京都あきる野市上代継600 株式会社東京サマーランド
アクセス 山中湖ICより車で15分
駐車場 有 (デイキャンププランの場合は別途駐車料金1000円)
定休日 不定期

ドッグランがあるバーベキュー場の楽しみ方

【関東】ドッグランがあるバーベキュー場5選!持ち物や注意点も。

ドッグラン付きのバーベキュー場では、わんちゃんも一緒にバーベキュー会場で食べたり飲んだりが出来ます。

食べ終わったらドッグランでわんちゃんと一緒に遊んだり、プールが併設されている施設では愛犬に水遊びをさせてみたり。

わんちゃん連れで来ているお客様も多いので、他のわんちゃんや飼主さんとのコミュニケーションもたくさん

開放的な空間で、飼い主さんもわんちゃんも楽しみながらリフレッシュできます♪

愛犬とのバーベキュー。注意点は?

【関東】ドッグランがあるバーベキュー場5選!持ち物や注意点も。

愛犬とのバーベキューを最後まで楽しんでもらうために、気をつけてほしい点がいくつかあります。

楽しいはずの場所で思わぬ事故を起こしてしまわないように、しっかりとチェックしてから行きましょう!

ヤケドやケガ

キャンプ場では普段の生活よりもヤケドやケガのリスクが多いです。

お肉を焼いている匂いにつられて焼き網に触れてしまったり、串や何かの破片など、地面に落ちているものを踏んでしまったりなど。

 

いつもとは違う環境に、飼い主さんもわんちゃんも慣れないと思いますが、わんちゃんに手の届く範囲内には危険なものを置かないという事を徹底するようにしてください。

熱中症

夏の暑い日には、熱中症対策も必要です。

特にわんちゃんは初めての場所に緊張している中、ドックランで走り回ったり、食べ物をもらえてはしゃいだり、想像以上に体力を消耗しているもの。

 

脱水症状は命の危険にも関わる事なので、こまめな水分補給はもちろん、モバイル型サーキュレーターや保冷剤を使用したり、なるべく日陰で休ませるようにしましょう。

 

お出かけ先では興奮のあまりにお水を飲まなくなるわんちゃんもいるので、心配な場合は犬用のスポーツドリンクも持参するといいでしょう。

誤飲

誤飲は一番気をつけてほしいポイント。

 

地面に落としてしまった食材や、地面に落ちているゴミを食べてしまったりなど、わんちゃん連れバーベキューでよく見られるケースです。

バーベキューでは、ネギ類や味付けされたお肉、アルコールなどわんちゃんの体とっては有害なものもたくさん

絶対に地面に落とさないように注意するか、拾い食いしてしまうわんちゃんは、グリルやテーブルから少し離れたところに置いておくのが安心です。

 

また、ゴミは地面には置かないように心がけ、はじめに自分たちのキャンプエリアに入るときもゴミや食べ物が落ちていないかを確認するようにしましょう

脱走

キャンプ場はかなり広いので、わんちゃんが脱走してしまうと大変なことに。

おそらくほぼ全てのキャンプ場で必須項目ですが、ドッグラン以外のエリアではリードは必ずつけるようにしてください

ドッグアンカーやリードフックがあると便利で安心です。

他のお客様へのご迷惑

キャンプ場は他のお客様やわんちゃんもたくさんいる場所。

自分たちも他のお客様も気持ちよく使えるように、マナーに気をつけましょう。

トイレは指定の場所や、お食事中の方にお目に付かない場所でさせるようにするのがマナーです。

トイレに関してはそのキャンプ場ごとに決まりがあると思うので、キャンプ場の指示に従ってください。

 

また、マーキング癖のある子や未去勢の子はマナーベルトをさせるのが無難です

ドッグラン付きバーベキュー場に持っていくべき物

【関東】ドッグランがあるバーベキュー場5選!持ち物や注意点も。

ドッグアンカー

ドッグアンカーはあるとすごく便利です^^

ずっとリードを掴んでいたり、ハンズフリータイプのリードや常に抱っこをしている状態だと、大変ですし飼い主さんもゆっくり楽しめないですよね。

 

ドックアンカーであれば、好きな場所にアンカーを挿せますし、専用のアンカーなので安心。

ドッグアンカーにリードを掛けておけば、飼い主さんも少しはゆっくりと楽しめます。

また、ドッグカートとは違って、わんちゃんもある程度は自由に動き回れますね。

 

ただ、キャンプ場によっては地面に挿すタイプのドッグアンカーが禁止な場合もあるので、その場合は使用を控えるか、地面に挿さないタイプのアンカーを使いましょう。

 

キャンプ場によっては、テーブル等にリードフックが付いている事もあるので、事前に施設へ問い合わせてみてください。

犬用のご飯やおやつ・おもちゃ

自分たちが食べている間、わんちゃんにも食べ物をあげたくなってしまいますよね。

 

お肉はきちんと焼いて、味付け無しであれば、少しあげるくらいは基本的に問題ありません

その場合は、わんちゃんにあげる食べ物をネギ類や味付け肉に接触させない、焼いたものをあげる場合は少し冷ましてからあげるようにしてください。

 

もちろんお肉をあげすぎるのはNGなので、わんちゃん用のおやつも持参しましょう

ジャーキータープやガムタイプなど、長く噛んでいられるおやつや、わんちゃんが一人で遊べるおもちゃを持っていくと便利なのでオススメです^^

熱中症対策グッズ

暑い日に行く場合は、熱中症対策グッズは必須です!

こまめにお水や犬用スポーツドリンクなどを飲ませるようにしてください。

 

真夏の昼間などは、それ以外にも犬用アイスノンや冷却ベスト、モバイルサーキュレーターなど体温調節を補助するものも必要になります。

マナー袋やオムツなどの衛生用品

わんちゃんと出かけるのであればこちらも必須です!

 

マナー袋やウエットティッシュはもちろん、

トイレに不安のある場合はオムツ、未去勢の場合はマナーベルトを持参しましょう。

 

ドッグプールが併設されている施設の場合は、タオルやブラシなども忘れずに

狂犬病ワクチンや混合ワクチンの接種証明証

意外と忘れがちなのがワクチン接種証明書。

大きなドッグランが併設されているところは、ほとんどが証明書の提示やコピーの提出が必要になります。

 

これを忘れてしまうと、せっかくのドッグラン付き施設なのにドッグランを使用できない...という事になりますので注意してください。

【関東】ドッグランがあるバーベキュー場5選 まとめ

今回は愛犬とバーベキューに行く際の注意点と、ドッグランがあるバーベキュー場をご紹介しました。

今回紹介したスポットはどれも素敵な施設ばかりなので、飼主さんもわんちゃんも楽しめる事間違いナシです!

今年のバーベキューは是非わんちゃんと一緒に行ってみてくださいね!

 

 

わんこマスターへの道|悩みをすべて解消・まとめ記事一覧

犬のしつけまとめ

犬のしつけ・育て方・飼い方

食べ物の知識まとめ

犬のおすすめドッグフード・食いつき・食べ物の知識

健康管理ノウハウまとめ

犬の健康管理・アレルギー対策など

涙やけ対策まとめ

犬の健康管理・アレルギー対策など

ホテル・ショップ・ランまとめ

ペットホテル・ペットショップ・ドッグラン

ドッグサロン情報まとめ

ドッグサロン

医療保険まとめ

犬・仔犬の医療保険

お別れ・埋葬まとめ

犬・仔犬の埋葬

追記:愛犬のこと、心から大切にしていますか?

愛犬は人間と同じです。

我が子のように可愛がってくれているでしょうか。

愛犬のために少し頑張ればできるようなことは飼い主としてやるべきだと思います。

生涯のパートナーとして幸せに過ごすため、様々な努力や準備をしておくようにしましょう。

特に、食を基盤とした健康面の管理は重要です。

 

モグワンドッグフード

多くの愛犬家が最終的にたどり着くドッグフード、それがモグワンです。

国内外問わず、様々なペットユーザーから圧倒的な支持を得ています。ただし、すべての犬に適しているわけではありません。

結局、試してみなければわからないんですよね。

そこで、モグワンが実際にどんなドッグフードなのかについて、2年間継続している我が家の事例をご紹介します。

2年間継続:実際の使用感

モグワンドッグフードは、開け閉めにチャックを採用しているので保管性がとても良いです。サーモンをたくさん使っているドッグフードですが魚の臭いはほぼなく、袋を開けるとジャーキーのようないい香りが漂ってきます。

形状は、真ん中に穴が空いたドーナッツ型の小粒です。手で触っても油こさはなく、ベトベトすることもありません。粒の大きさは約1cm程度なので、小型犬でも全く問題なく食べられます。形状がドーナッツ型で厚みも薄いので、口筋力の弱い犬でも安全に試せると思います。

私の場合、ウェットフードやヨーグルト、果物やお肉などをトッピングしつつ、栄養過多にならないようモグワンの量を調整するのがルーチンです。(若干、モグワン代が抑えられるのも狙いです)

こんな感じで今でこそ凄まじい食いつきですが、フードを切り替えた直後はモグワンを残すこともありました。「あれ、合わないのかな・・・」と不安になったこともありますが、時間が解決してくれました。慣れてしまえば問題ないということです。

すでに、2年ほどモグワンを使用していますがピグとプチ(愛犬2匹)は、よほど体調が悪い時以外モグワンを食べ残すことはありません。口からボロボロこぼすこともないですし、皿が光るほど綺麗にたいらげてくれます。

家ではそれなりに長くモグワンを利用していますが、便の状態も良好で軟便や下痢はほぼなく、嘔吐することもありません。

また、愛犬はピグとプチという可愛らしい名前ですが今年で10歳を迎えるシニア犬です。ですが、健康状態は良好で動きが軽快なので周りからは「シニア犬には見えない」とよく言われ成犬に間違えられたりします。

これがモグワンのお陰かどうかまではわかりませんが、健康の基盤となる重要な役割を果たしていることは間違いないでしょう。

試してみる価値はありますよ。

 

※世間の口コミが気になる人は下記へどうぞ

>>モグワンドッグフードの口コミ41個【マジで生の声を拾ってみた 】

 

モグキューブ・フリーズドライ

モグキューブは、ニュージーランド産のグラスフェッドラムをたっぷり74.6%使用したフリーズドライのドッグフードです。

栄養を凝縮するフリーズドライ製法なので、素材に熱を加えず、一度凍らせてから真空で乾燥する製法を採用しています。高温調理を行わないため、風味や栄養が損なわれず、美味しさと栄養バランスを保ちます。

実は今、我が家でも試しているところです。

10か月継続中の使用感

モグキューブは、モグワンと同じ会社であるレシティアンが2019年9月に発売した商品です。もともと、モグワンで十分ではあったものの、フリーズドライ製法で栄養価がさらに高いと聞き試し買いをしてみました。

通常のドライフードやウェットフードは、素材を高温調理したのちドッグフードに加工されています。一方フリーズドライは、冷凍した素材を真空状態で乾燥させる製法で、熱を加えずに作られています。

ドッグフードに使われる素材には、高温調理することで栄養や風味が損なわれるものがあるため、フリーズドライ製法を用いることで、素材の栄養価や風味を生かしつつ、長期保存が可能なドッグフードになります。

主食としてそのまま与えるのはもちろんOKです。ただ、我が家ではすでにモグワンがあるので、水でふやかしてトッピングやおやつとしてモグキューブを使用することが多いです。

そして、肝心の効果はどんな感じかと言えば、「わからない!」です(笑)

これって私もそうなのですが、例えば肝臓のために5年以上飲み続けているEPAサプリがあります。そこで、「効果あった?」と聞かれても「たぶん!」としか言いようがないんですよね。

明確に断言することは不可能なので、そこは信じるしかない。愛犬に思いを伝えるため、飼い主として最大限やれることはやろうという気概で与えているような感じです。

ただ、すこぶる健康かつ元気に飛び回っている愛犬を見るとなぜか「モグキューブも与えていてよかった」と繋がるんです。

結局のところ、自己満なのかどうかはわかりません。それでも、私は継続してもモグワンとモグキューブを併用し、ピグとプチの健康管理をしていきます。

この思いは、きっと愛犬たちに伝わっているはず!

そう信じています。

 

カナガン デンタルドッグフード

残念ながら「モグワンシリーズが合わない」という声も少なからずあります。まさに、私の友人がそうでした。

そこで、モグワンからカナガンデンタルドッグフードに切り替えたところ、友人の愛犬とは相性が良かったらしく、今ではカナガン一択で愛用しているようです。(私は使ったことがありません)

こうした事例もあるため、万が一に備えカナガンにも触れておきます。

 

カナガンの特徴は、穀物を一切使用しないグレインフリーであることです。小麦やトウモロコシなどの穀物は犬の栄養にはなりにくいため、カナガンは穀物を一切使用せず、代わりに栄養価の高い肉や野菜などを積極的に採り入れています。その結果、エネルギー効率(吸収率)がとても高いので、活発な愛犬にはおすすめです。

最も配合率の高いものは海藻であり、野菜についても消化率が非常に高いサツマイモを中心に犬の体調を整え、健康維持の助けになる食材が選ばれています。

さらに、ミネラルや健康維持に効果を発揮するハーブ、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。言ってしまえば、「犬の健康にコミットしたドッグフード」という感じですね。

犬が食べやすい粒の大きさと固さ加減で、食いつきが良いのもこの商品の特徴です。小型犬であっても食べやすい大きさなので、丸飲みせずきちんと噛んで飲み込んでくれるサイズです。

と、ここまでは製品に対する事実だけを述べましたが「食べてくれなきゃ意味がない」

モグワン・カナガン両方に言えることですが、どちらの相性が良いか試してみなければわかりません。我が家のように一発でモグワンにハマるケースもあれば、友人のように一度失敗してカナガンにたどり着くパターンもあります。

もっと言うと、カナガンには「デンタルドッグフード」「チキンウェットタイプ」「ドライフードタイプ」などがあり、その内の一つが好まれるケースもあるわけです。そのため、「絶対にこれがおすすめだ!」とは言い切れないのが難しいところです。

いずれにしても、試してみなければ答えはわかりません。

愛犬のため、飼い主が一肌脱ぐべきシーンです。

 

※世間の口コミが気になる人は下記へどうぞ

>>カナガンドッグフードの口コミ【ネット上にない口コミあり】

© 2020 犬の知恵袋:ドッグフード・しつけ・保険・サロン・ホテル・埋葬 Powered by AFFINGER5