犬の保険に加入したい!年齢制限はいつからなの?詳しく解説!

inuhokennnennreiseigennitukara

犬の医療費は人間以上にかかると言われています。

まだ若いから…と保険に加入していないといざ病気がケガをした際に、莫大な医療費を実費で払わなければいけなくなってしまいます。

犬は人間の約6倍の早さで年齢を重ねていきますので、寿命ももちろん人間よりははるかに短いのです。

そこで、まだ若いから…と言っている間にシニア犬になってしまいます。

犬も人間と同じように年齢を重ねるごとに病気になったケガをしたりすることが多くなってしまいますので、将来的な補償のためにも是非保険には加入していただきたいです。

しかし、犬の保険も人間と同様年齢制限というものが存在しています。

そこで、今回は犬の保険の年齢制限はいつからなのか?ということを詳しく解説していきます。

チップ
ペット管理士である筆者は、小さい時から犬と暮らし、夢は犬に携われる仕事につく事でした。今までに雑種、コーギー、ダックスフンドと暮らし、現在もチワワと生活しています。

犬の保険の選び方

inuhokennnennreiseigennitukara

犬の保険を選ぶ際は、大抵の方がどんな保険に入れがいいのか迷ってしまうでしょう…

そこで、まずは犬の保険の選び方をご紹介します。

自分の愛犬の健康状態とかかりやすい病気を把握

下記の項目は最低限必要な情報となりますので事前に把握しておきましょう。

  • 年齢
  • 健康度:これまでにかかった病気やケガの状況と現在の健康状態
  • 種類や特性:かかりやすい病気やケガの種類など

捨て犬などを拾った場合、年齢がわからないことがありますがそのような際は、動物病院で推定年齢を出してくれますので相談してみてください。

また、これまでの病歴やケガの内容に加え、現在の健康状態も事前にチェックしておくことも重要。

なぜなら、加入時に持病が判明した場合、加入自体できませんし、加入してもすぐに補償が開始されるわけではないからです。

愛犬の特性を知り、かかりやすい病気やケガを知ることで、その症状をカバーできる最適な保険を探すことができます。

何歳まで更新できるか確認する

ペット保険には終身まで更新が可能な保険と、更新年齢に制限がある保険があります。

更新年齢に期限がある場合には、一定の年齢に達するとその後の更新ができません。

新規で加入可能な年齢の保険があれば乗り換えも可能ですが、新規加入ができない年齢になってしまうと、その年齢を境に無保険状態になってしまうということになってしまうのです。

人間も同じですが、犬もシニア犬になるほど病気やケガをしやすくなりますので、無保険状態にならないよう終身まで更新できるペット保険を選ぶようにしましょう。

補償範囲をどこまでにするのか

ペット保険の補償範囲は、愛犬がかかりやすい病気やケガなどを把握した上で選びます。

具体的には

  • 基本補償となる通院・入院・手術全てをトータルでカバーするタイプ
  • 基本補償の中から通院のみ、入院や手術のみといった限定的なタイプ

トータル補償タイプであれば、広範囲の治療費用をカバーできますが、保険料は高くなってしまうというデメリットが。

一方、限定プランであれば、保険料は安くで済みますが、補償範囲は狭くなってしまいます。

補償割合や支払日、限度日数などの各種条件

ペット保険には補償割合があり、通常は50%~100%です。

さらに、補償割合をベースに基本補償の限度額や限度日数がプランによって分かれていることが一般的でしょう。

当然、補償割合が高いほど保険料は高くなってしまいますが、いざという時には自己負担金額が少なくなりますので助かる面も。

また、ペット保険は契約後すぐに補償が開始される保険もありますが、待機期間の経過を条件としているものがほとんどです。

通常30日程度の待期期間となりますが、がんになった事がある愛犬の場合は、120日程度となることが一般的です。

保険金の支払い方法を確認

ペット保険の保険金を支払い方法には2通りあり、1つは窓口で一度全額支払い後日保険会社に請求するタイプと、もう一つは窓口で精算が可能なタイプです。

窓口精算タイプであれば、人間と同じように決められた補償割合に応じた残りの額のみの支払いで済みますし、面倒な保険金請求手続きも省略できます。

しかし、窓口請求できる商品数は少なく、加入条件や補償内容の選択肢が少ないのが現状です。

損害賠償特約や健康診断などの付帯サービス

ペット保険には基本補償以外にも特約と呼ばれる有料オプションを追加することができます。

主な特約としては、愛犬が他人をケガさせてしまった場合や、他人の物に損害を与えたことによって発生する賠償責任特約です。

損害賠償は高額となるケースが多いため、なるべく追加しておいた方が良い特約と言えるでしょう。

しかし、既に自動車保険や火災保険などで個人賠償責任という補償に入っている方はそちらが適用されますので、ペット保険で追加する必要はありません。

あくまで自分や家族の保証を優先する

可愛い愛犬は家族同然の存在だと思っている方は多く、できれば最大限の補償をつけたいと思いますよね。

しかし、補償内容や特約を追加すればするほど、もちろん保険料は高額となってしまいます。

もし、その保険料が家計の負担に感じる場合は、自分や家族の保証を優先しましょう。

愛犬は家族同然であるのは当然なのですが、飼い主であるあなたや家族がいなければ生きていけないのです。

ネット保険にするか対面で相談しながら決めるか

ペット保険の申し込み方法にはネット保険と保険代理店での申し込みがあります。

ネット保険のメリットは、保険料が保険代理店より安く、自宅で申し込みができる点です。

一方、デメリットは、豊富なペット保険のラインナップの中から自分のペットに適した保険を選ぶには、商品内容を理解するための保険知識と商品を調べるための時間的コストがかかる点です。

ですので、保険代理店での申し込みであれば、保険のプロが愛犬に適した保険を提案してくれるので、納得のいく保険選びができるでしょう。

ペット保険は1年ごとの更新がほとんどですので、初回は代理店で契約し来年はネット保険にするという方法もあります。

犬の保険の年齢制限はいつから?

inuhokennnennreiseigennitukara

ペット保険には人間の保険と同じように年齢制限があります。

新規加入できる上限年齢を7歳~12歳11か月までとしている保険会社が多いようです。

ただ、おおむね7歳前後にしている保険会社が多く、8歳以降になると選択肢が限られるようになります。

ただし、年齢が高くなればなるほど保険料は高額になるということを覚えておきましょう。

犬の8歳は高齢に分類される

ペット保険に加入できる年齢は7歳~12歳11か月までとされている理由に、この年齢が人間の中高年期にあたり、病気やケガのリスクが高まるためです。

犬は人間よりも早いスピードで年を重ねます。

生まれてから約50日までが赤ちゃんなのは人間と同じなのですが、その後の成長期は小型犬では生後10か月程度、中型犬は生後1年程度、大型犬は生後1年半程度、超大型犬は生後2年程度までです。

そして、7歳や8歳以降は高齢犬に分類されます。

犬の保険の年齢制限はいつから?まとめ

inuhokennnennreiseigennitukara

今回は犬の保険についてご紹介してきました。

人間同様、犬も病気やケガをし、その年齢は高齢になればなるほどリスクは高まります。

その際に重要になるのが保険です。

加入していないと自腹で全額支払うことになってしまい、その金額は高額。

そして、加入年齢には制限がありますので、年齢が高くなればなるほど保険料は高くなっていきますので、できるだけ若いうちに加入をおすすめします。

保険の選び方もご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

医療保険の関連記事

mybox]

わんこマスターへの道|悩みをすべて解消・まとめ記事一覧

犬のしつけまとめ

犬のしつけ・育て方・飼い方

食べ物の知識まとめ

犬のおすすめドッグフード・食いつき・食べ物の知識

健康管理ノウハウまとめ

犬の健康管理・アレルギー対策など

涙やけ対策まとめ

犬の健康管理・アレルギー対策など

ホテル・ショップ・ランまとめ

ペットホテル・ペットショップ・ドッグラン

ドッグサロン情報まとめ

ドッグサロン

医療保険まとめ

犬・仔犬の医療保険

お別れ・埋葬まとめ

犬・仔犬の埋葬

追記:愛犬のこと、心から大切にしていますか?

愛犬は人間と同じです。

我が子のように可愛がってくれているでしょうか。

愛犬のために少し頑張ればできるようなことは飼い主としてやるべきだと思います。

生涯のパートナーとして幸せに過ごすため、様々な努力や準備をしておくようにしましょう。

特に、食を基盤とした健康面の管理は重要です。

 

モグワンドッグフード

多くの愛犬家が最終的にたどり着くドッグフード、それがモグワンです。

国内外問わず、様々なペットユーザーから圧倒的な支持を得ています。ただし、すべての犬に適しているわけではありません。

結局、試してみなければわからないんですよね。

そこで、モグワンが実際にどんなドッグフードなのかについて、2年間継続している我が家の事例をご紹介します。

2年間継続:実際の使用感

モグワンドッグフードは、開け閉めにチャックを採用しているので保管性がとても良いです。サーモンをたくさん使っているドッグフードですが魚の臭いはほぼなく、袋を開けるとジャーキーのようないい香りが漂ってきます。

形状は、真ん中に穴が空いたドーナッツ型の小粒です。手で触っても油こさはなく、ベトベトすることもありません。粒の大きさは約1cm程度なので、小型犬でも全く問題なく食べられます。形状がドーナッツ型で厚みも薄いので、口筋力の弱い犬でも安全に試せると思います。

私の場合、ウェットフードやヨーグルト、果物やお肉などをトッピングしつつ、栄養過多にならないようモグワンの量を調整するのがルーチンです。(若干、モグワン代が抑えられるのも狙いです)

こんな感じで今でこそ凄まじい食いつきですが、フードを切り替えた直後はモグワンを残すこともありました。「あれ、合わないのかな・・・」と不安になったこともありますが、時間が解決してくれました。慣れてしまえば問題ないということです。

すでに、2年ほどモグワンを使用していますがピグとプチ(愛犬2匹)は、よほど体調が悪い時以外モグワンを食べ残すことはありません。口からボロボロこぼすこともないですし、皿が光るほど綺麗にたいらげてくれます。

家ではそれなりに長くモグワンを利用していますが、便の状態も良好で軟便や下痢はほぼなく、嘔吐することもありません。

また、愛犬はピグとプチという可愛らしい名前ですが今年で10歳を迎えるシニア犬です。ですが、健康状態は良好で動きが軽快なので周りからは「シニア犬には見えない」とよく言われ成犬に間違えられたりします。

これがモグワンのお陰かどうかまではわかりませんが、健康の基盤となる重要な役割を果たしていることは間違いないでしょう。

試してみる価値はありますよ。

 

※世間の口コミが気になる人は下記へどうぞ

>>モグワンドッグフードの口コミ41個【マジで生の声を拾ってみた 】

 

モグキューブ・フリーズドライ

モグキューブは、ニュージーランド産のグラスフェッドラムをたっぷり74.6%使用したフリーズドライのドッグフードです。

栄養を凝縮するフリーズドライ製法なので、素材に熱を加えず、一度凍らせてから真空で乾燥する製法を採用しています。高温調理を行わないため、風味や栄養が損なわれず、美味しさと栄養バランスを保ちます。

実は今、我が家でも試しているところです。

10か月継続中の使用感

モグキューブは、モグワンと同じ会社であるレシティアンが2019年9月に発売した商品です。もともと、モグワンで十分ではあったものの、フリーズドライ製法で栄養価がさらに高いと聞き試し買いをしてみました。

通常のドライフードやウェットフードは、素材を高温調理したのちドッグフードに加工されています。一方フリーズドライは、冷凍した素材を真空状態で乾燥させる製法で、熱を加えずに作られています。

ドッグフードに使われる素材には、高温調理することで栄養や風味が損なわれるものがあるため、フリーズドライ製法を用いることで、素材の栄養価や風味を生かしつつ、長期保存が可能なドッグフードになります。

主食としてそのまま与えるのはもちろんOKです。ただ、我が家ではすでにモグワンがあるので、水でふやかしてトッピングやおやつとしてモグキューブを使用することが多いです。

そして、肝心の効果はどんな感じかと言えば、「わからない!」です(笑)

これって私もそうなのですが、例えば肝臓のために5年以上飲み続けているEPAサプリがあります。そこで、「効果あった?」と聞かれても「たぶん!」としか言いようがないんですよね。

明確に断言することは不可能なので、そこは信じるしかない。愛犬に思いを伝えるため、飼い主として最大限やれることはやろうという気概で与えているような感じです。

ただ、すこぶる健康かつ元気に飛び回っている愛犬を見るとなぜか「モグキューブも与えていてよかった」と繋がるんです。

結局のところ、自己満なのかどうかはわかりません。それでも、私は継続してもモグワンとモグキューブを併用し、ピグとプチの健康管理をしていきます。

この思いは、きっと愛犬たちに伝わっているはず!

そう信じています。

 

カナガン デンタルドッグフード

残念ながら「モグワンシリーズが合わない」という声も少なからずあります。まさに、私の友人がそうでした。

そこで、モグワンからカナガンデンタルドッグフードに切り替えたところ、友人の愛犬とは相性が良かったらしく、今ではカナガン一択で愛用しているようです。(私は使ったことがありません)

こうした事例もあるため、万が一に備えカナガンにも触れておきます。

 

カナガンの特徴は、穀物を一切使用しないグレインフリーであることです。小麦やトウモロコシなどの穀物は犬の栄養にはなりにくいため、カナガンは穀物を一切使用せず、代わりに栄養価の高い肉や野菜などを積極的に採り入れています。その結果、エネルギー効率(吸収率)がとても高いので、活発な愛犬にはおすすめです。

最も配合率の高いものは海藻であり、野菜についても消化率が非常に高いサツマイモを中心に犬の体調を整え、健康維持の助けになる食材が選ばれています。

さらに、ミネラルや健康維持に効果を発揮するハーブ、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。言ってしまえば、「犬の健康にコミットしたドッグフード」という感じですね。

犬が食べやすい粒の大きさと固さ加減で、食いつきが良いのもこの商品の特徴です。小型犬であっても食べやすい大きさなので、丸飲みせずきちんと噛んで飲み込んでくれるサイズです。

と、ここまでは製品に対する事実だけを述べましたが「食べてくれなきゃ意味がない」

モグワン・カナガン両方に言えることですが、どちらの相性が良いか試してみなければわかりません。我が家のように一発でモグワンにハマるケースもあれば、友人のように一度失敗してカナガンにたどり着くパターンもあります。

もっと言うと、カナガンには「デンタルドッグフード」「チキンウェットタイプ」「ドライフードタイプ」などがあり、その内の一つが好まれるケースもあるわけです。そのため、「絶対にこれがおすすめだ!」とは言い切れないのが難しいところです。

いずれにしても、試してみなければ答えはわかりません。

愛犬のため、飼い主が一肌脱ぐべきシーンです。

 

※世間の口コミが気になる人は下記へどうぞ

>>カナガンドッグフードの口コミ【ネット上にない口コミあり】

© 2020 犬の知恵袋:ドッグフード・しつけ・保険・サロン・ホテル・埋葬 Powered by AFFINGER5